2009年11月16日

コイルブリードの開発について

コイルブリードは、アメリカの医療研究チームn研究から生まれたんですが・・・。

コイルブリード開発チームのリーダーのドクターコメントを・・・


我々は、元は医療にかかわる研究チームでした。

男性機能障害とはまったく違う、細胞の蘇生を研究する再生医療の研究チームでした。

ただ、研究が進む中で、この研究が、男性機能障害(ED・短小等)に有効ではないかと言うことになりました。

方向転換後、今度は男性器の細胞の研究から再スタートして、3年の研究期間を経てやっと完成したのがコイルブリードです。


つまり、本来の医療研究の応用で生まれた、男性器増大器具の最終形がコイルブリードなんですね。



コイルブリードを詳しく見てみる⇒⇒
「コイルブリード」【healthy-support】


posted by コイルブリード at 13:12| コイルブリード開発チームのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。